てんかん 原因 大人

大人のてんかんの原因は脳の傷や脳疾患に伴うものなども

スポンサーリンク

てんかんは、突然意識を失い痙攣を起こすなどの症状を繰り返し起こす病気のことです。
子どもに多く見られるものの、大人になって発症することもあります。
原因として、頭部外傷を負ったり、交通事故などによる脳の傷、脳疾患に伴うものなどがあげられます。
中には原因不明で起こってしまう場合もあります。
てんかんは、全般発作と部分発作の2種類が存在し、前者は大脳の広い範囲で発生し、発作時は意識がないことが多いです。
後者は脳の一部で発生し、意識がはっきりした状態で発作が起こることもあります。
病気が疑われる場合は、大人だと脳神経外科や神経内科で受診・診療を受けることになります。
完治することは現状では難しいものの、症状を抑えることは可能であり、普通の生活が送れます。
日常生活への支障が生じないように、きちんとした対処をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

てんかんの治療法としては、抗てんかん薬による薬物療法が主となります。
薬の服用により、脳内の電気的な興奮や発作を抑える効果が期待できます。
薬物療法で対応が難しい場合は、電気的な興奮を抑えるための手術が行われます。
普段から医師の指示に従い薬を服用し続けることが何より大事です。
日常生活においては、入浴時や外出する際は1人で行動しないこと、高い場所に行かないよう注意したいです。
睡眠不足は発作を起こしやすくする要因であるため、7時間から8時間の睡眠をとることが予防につながります。
寝る直前には強い光を浴びたり、飲酒することは控えたいです。
カフェインの摂取も寝る前には控えるようにしたほうが良いでしょう。
きちんとした睡眠時間を確保しつつ、質の高い睡眠をとるように心がけましょう。
ストレスを溜めないことも大事で、趣味や適度な運動を行うことが効果的です。
なかなか仕事などでのストレスの原因そのものを解消することは難しいと思いますが、生活の中にストレス解消方法をいろいろと取り入れていくことによって、負荷を少なくしていくことはできると思います。
自分なりのストレス解消法を持っていると、よりリスクを少なくすることができるでしょう。

スポンサーリンク