赤ちゃん てんかん 原因

赤ちゃんに起こる事もあるてんかんの原因等について

スポンサーリンク

 てんかんとは脳に関わる疾患の一種で、症候性と特発性の2種類に大きく分ける事が出来ます。
症候性とは脳に何等かの障害や傷があり、それが原因となって発症するタイプを言います。
これに対して特発性とは発症の原因がハッキリしていないタイプで、様々な検査をしても分からないのが特徴です。
 てんかんは年代や性別を問わずに発症する可能性がありますが、赤ちゃんや幼児が発症しやすい傾向にあります。
ただ近年では赤ちゃんや幼児以外にも、高齢者が脳の血管障害を原因として発症する確率も増加してきています。
 また、この疾患は基本的に遺伝によって発症してしまうというケースは、とても少ないとされています。
中には発症しやすい体質等を受け継ぐ事はありますが、こうした場合の発症は治癒しやすいと言われています。

スポンサーリンク

 てんかんの具体的な症状についてですが、人によって現われる症状が異なる場合があります。
代表的な症状としては全身の痙攣、数秒から数十秒間の意識の消失と回復、全身の脱力等が挙げられます。
それ以外にも全身の硬直や、体を一瞬ビクッとさせてから倒れる等もあります。
 この疾患の症状は意識の消失を起こす事が多く、しかも症状が突然起こります。
そのため日常生活に支障をきたす事も少なくないので、早めに治療を開始するのが望ましいです。
 てんかんの治療方法としては、抗てんかん薬を処方する薬物療法が主となります。
ただ使う薬には複数の種類があるので、患者の状態や症状等を考慮した上で用いる薬を選びます。
薬物療法を一定期間行っても効果が出ない時は、場合によっては手術という治療方法が用いられる事もあります。

スポンサーリンク