てんかん 原因 タバコ

てんかん発作の原因とタバコの関係

スポンサーリンク

てんかんの発作には、発作を引き起こす原因があるとされています。
それを知ることにより、適切な対策を講じることが出来ます。
てんかんとタバコは直接的な原因は無いとされています。
また、発作を抑えるような内服薬を服用していた場合でも、タバコを吸ったことにより影響があるということはありません。
では、どのような時に発作を起こすことが多いのでしょうか。
それは、精神的なストレスから解放された時が多いようです。
仕事の合間などにタバコを吸った時などに発作が起こることがあります。
そのため、場合によっては火事や様々なトラブルに繋がる可能性がありますので、注意が必要になります。
また、健康上の理由からも禁煙をしたほうが良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

てんかんの発作とタバコの因果関係は無いとされていますが、影響があるとされていることがあります。
それが、飲酒です。
飲酒をすることで、内服薬の副作用が強く出ることがあります。
その副作用の一つに、眠気があります。
治療それ自体には、影響を与えることはありませんが、副作用である眠気が強く出ると、その後の行動に注意が必要になります。
車の運転はもちろん、危険な機械の操作や集中力が必要となるようなことは極力避けるようにしましょう。
さらに、使用している内服薬にもよりますが、他の薬との併用や食品との食べ合わせにより思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。
内服薬を使用する際には、医師の指示に従い、適切に服用するようにしましょう。

スポンサーリンク