てんかん 検査 方法

てんかんの検査や治療の方法

スポンサーリンク

てんかんは、子供と高齢者に多い病気です。
この病気は脳の病気で、脳に何らかの異常があるとこの病気になりやすくなります。
子供ですと脳性まひや、知的障害などが関連して発作が起こります。
その他では脳炎や細菌性の髄膜炎または急性の脳症などがあります。
成人になると脳腫瘍や脳の血管障害が原因で起こります。
高齢者になると、脳血管障害として起こるのが大多数になります。
てんかんという病気は、脳が何らかの原因で興奮して、その興奮によって発作という症状が起こる病気です。
そして治療をしなければ発作は何度もくり返し起こります。
脳性まひの場合は、2歳から3歳ぐらいになると突然、けいれんが起こり脳波の検査で、てんかんと診断されます。

スポンサーリンク

てんかんの発作には、様々な発作があります。
一人一人症状は全く異なります。
代表的な発作としては、全身が硬くなったり、全身がピクピクと痙攣するような発作があります。
また片手だけが痙攣を起こす発作もあります。
中には本人だけが自覚をするような発作もあります。
例えば急に吐き気がするや、急に何もないのに光が見えるなどの視覚発作や欠神発作などがあります。
多くは、数秒から数分で発作は止まります。
このような事が何度もくり返し起こる場合はてんかんを疑います。
子供の場合は、脳神経小児科や小児神経外来、成人の場合は神経内科または精神科の専門外来で検査が行えます。
検査の方法は、問診から始まり診察を行います。
そして脳波の検査や頭部の画像を撮る方法もあります。
治療の方法は、主に薬物治療になります。
薬を毎日服用することで発作を起こりにくくするのが基本になります。
通常はこの治療で発作が抑制できて治る事が出来ます。

スポンサーリンク