てんかん 免許更新 診断書

てんかん持ちの方の免許更新には診断書が必要?

スポンサーリンク

運転免許の取得や免許更新の際、持病によっては診断書が必要になることがあります。
例えばてんかんの場合には、運転に支障を与えることがないという内容を医師の診断書を添付して証明することが必要です。
てんかんの症状は個人によって現れ方や程度が異なることから、現在では診断書を元に免許取得や免許更新が行なわれています。
てんかんの場合問題となるのが、発作の頻度や現れる症状、起こる時期です。
過去数年間の間に強い発作が起こっていない場合には、運転が出来ます。
また、発作の程度が軽い場合や運転中の発作の可能性が極めて低い場合にも、免許取得や免許更新が可能です。
ただてんかん持ちの方は、大型免許などは原則取得出来ないことになっています。

スポンサーリンク

てんかんは様々な原因で起こり得ます。
脳疾患などが原因となって発作が起こるケースもあるため、脳の病気の治療後は健康状態に一定の注意が必要です。
また先天性の場合には、治療薬を欠かさず服用することで発作をコントロールするのが一般的と言えます。
このような対処をしていれば、日常生活においても然程発作に怯える必要がないのが本当の所です。
この病気の場合自動車の運転に際しては、やはり一定の注意が求められます。
近年病気を隠していたことが原因となり自動車事故が起こっているため、各自治体や医療機関、公安機関でもチェック態勢を強化しているのが最近の傾向です。
診断書取得の際には、医師に病状を相談するなどの方法で無理のない対処をしてもらうことが大切となります。

スポンサーリンク