てんかん 高校生 発症

高校生で発症するてんかん

スポンサーリンク

てんかんを高校生で発症したという人が多くなっています。
その理由ですが思春期である高校生の時期に発症する主なてんかんを若年性ミオクローヌスてんかんと言います。
人は約八割の人がうまれてから高齢者になるまで一度以上はけいれん発作を起こしているという統計がでています。
でも気が付かないまま生活している人が多いのです。
特に心配するてんかんを大発作と言います。
この大発作は良くみかける意識を失い体全体がけいれんをするものです。
このけいれんは確率は低いものです。
気が付かずに起きる発作は部分発作といわれるミオクローヌス発作が多いのです。
この発作は授業中にうとうとしている時にぴくっと体が稲妻に打たれたようになる一瞬のみのけいれんが増えているのです。

スポンサーリンク

ぴくっとすることをミオクローヌスと言います。
高校生の場合は朝寝起きにぴくつくことがあります。
この頻度が増えててんかんとなります。
この場合のけいれんは一時的なものです。
脳波の検査をしてもスパークと呼ばれる異常波形は起きないものです。
一般的にいわれるけいれんではスパークが脳波で見つかります。
この場合のけいれんは大発作は起きないのが特徴的です。
また大人になってもみかける発作は電車の中でうとうとしている時にぴくつくことがあるのです。
これもミオクローヌス発作という部分発作の一部なのです。
特に注意が必要で病院で治療が必要になるものではないのです。
薬を飲む必要はないのが若年性ミオクローヌス発作と言われるものです。

スポンサーリンク