てんかん 原因 ゲーム

ゲームのやり過ぎはてんかんが起きる原因となるのか

スポンサーリンク

時々交通事故の原因として取り上げられる病気の一つがてんかんです。
これは子供から大人まで幅広い年代の人に見られる脳の病気の一つであり、比較的子供に多く見られるとされています。
脳は規則正しいリズムで電気的な活動を行っていますが、この活動が突然乱れることによって精神や身体に影響を及ぼすことがあります。
発作が起きると見られる症状としては激しい痙攣が挙げられます。
突然意識を失い、身体を硬直させてから激しい痙攣を起こすので舌を噛んだり呼吸困難に陥ったりする危険性もあります。
通常は短時間で意識が回復しますので、特別な処置は必要ありません。
舌を噛んだり呼吸困難に陥りそうな時には焦らず冷静に対処することがひつようです。

スポンサーリンク

てんかんの発作が起きる原因としてゲームのやり過ぎが挙げられることがあります。
ゲームのやり過ぎは体に様々な悪影響を及ぼすとされていますが、その一つに発作が起きる原因にもなるとされているのです。
これは正確には必ずしも正しいことではありません。
しかし、全く間違っているというわけでも無いのです。
問題は光過敏性てんかんであるかどうかということです。
これはチラチラする光や赤色の刺激などによって発作が起きるもので、この場合はゲームに限らずテレビ全般が良くないと言えます。
これを防ぐには部屋を明るくし、画面から出来るだけ離れて見ることが大切です。
また、長時間画面を見続けるのも発作が起きる原因となりますので注意が必要です。
ゲームのやりすぎや、モニターに向かい続けることによって症状が出てきてしまう人の場合には、十分注意するようにしましょう。
自分の症状を把握しておくことも非常に重要ですし、周囲の人も、その人の症状を理解してサポートしてあげられるとよりよいですね。

スポンサーリンク