てんかん 症状 めまい

めまいが起きるのはてんかんの症状かも?

スポンサーリンク

 てんかんとは、けいれん等の発作を繰り返す脳の病気で、乳幼児期から老年期まで幅広い年代でみられる病気です。
 てんかんは脳の神経細胞に、突然過剰な電気的興奮が起こることで発症します。
脳の神経は通常、興奮と抑制がバランスよく発生していますが、発作が起こるときは興奮系の神経が強くなったり、抑制系の神経が弱まったりしてバランスが崩れてしまいます。
 てんかんは原因により特発性と症候性に分類されます。
 特発性のものは、検査をしても異常が見つからず、原因不明とされていて、生まれたときからなりやすい傾向を持っていると考えられています。
 症候性のものは、脳の一部が傷ついたり、障害が起きたりすることで発症します。
例えば出生時に脳が傷つく、低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷、アルツハイマーなどが原因として挙げられます。

スポンサーリンク

 症状は、急なけいれんや意識障害(失神)等で、口から泡を吹いてしまうこともあり、前兆なく突然起こるのが特徴です。
また軽い症状では、頭がぼーっとする、手足が自分の意思に反してバタバタする等があります。
 てんかんの症状の一つにめまいがあります。
めまいとは頭がふらついたり、立ちくらみがしたり、気絶しそうになる感覚を覚えたりすることを言いますが、てんかんによるものは、めまいが起きた後に意識を失うのが一般的です。
 症状は、立ち上がった時にくらっとしたり、目の前が暗くなったり、耳鳴りとともに揺れるようなめまいがしばらく続くといったものがあります。
また、突然グラグラとして、地震が起こったと錯覚するような発作が現れる場合もあります。
 めまいがしたら、していることを中断し安静にすることが大切です。

スポンサーリンク