てんかん 治る 確率

てんかんが治る確率や症状について

スポンサーリンク

てんかんは、治る可能性の高い病気です。
ただ、その確率は子供、大人など発症した年齢によっても違いますし、1人1人発作の症状が違うので、確率が何パーセント、という風には言い切れません。
その中でも比較的治りやすいと言われているのは、子供のうちに発症した、特発性のタイプです。
また、ある程度の年齢が来たら、自然に治ってしまう場合もあります。
てんかんの症状は、色々なものがあり、突然倒れる、意識を失う、けいれんなどです。
中には突然倒れてもてんかんだと気付くことなく、そのままにしている人も少なくありません。
本人が気が付いていないとしても、周囲の人たちがきちんと見ていてあげて、治療を勧めることも大切になります。
発症したら早い段階で、治療を始めることが大切です。
治療には、抗てんかん薬を使います。
おかしいと思ったら大丈夫だと過信せず、必ず病院で診察を受ける事が大切です。

スポンサーリンク

治るには、やはりある程度の時間がかかることは覚悟しなければいけません。
薬を飲んで一ヵ月やそこらで治るものではありません。
発作は頻繁に起こる人もいれば、一生のうちで何回かしか起きないという人もいます。
なので、長期戦になることは覚悟しなければいけません。
しかし早期に適切に診断、治療を開始すれば、薬だけで長期間発作を起こさずに普通通りに生活することは十分可能だと言われています。
病気を正しく理解し、認め、受け入れる事も治療においてとても大切です。
本人の努力ももちろん必要ですが、家族や周りの人の協力の度合いによっても治るスピードや確率が大きく変わってきます。
てんかんを治す確率を上げるには、病気と上手く向き合い、根気良く、焦らず気長に治療していくことです。

スポンサーリンク