てんかん 遺伝 確率

てんかんが遺伝する確率

スポンサーリンク

時々、てんかんは遺伝する病気だといわれることがあるようです。
しかし、本当にてんかんは遺伝するものなのでしょうか?
そもそもてんかんの原因として考えられているものは、脳に障害があることの場合があるようです。
中には検査をしても原因がわからないてんかんもあるようですが、いずれにしても、遺伝するこはほとんどないといわれています。
確かに、てんかんでも一部の場合には遺伝子が関係しているような場合もあるようですが、すべてのてんかんが遺伝によるものではないようです。
むしろ、遺伝が関係しない要因によるてんかんのほうが多いでしょう。
また、遺伝子が関係している場合でも比較的治りやすいことが多いため、大きな問題に発展することはあまり多くはないようなのです。
ですので、例えば自分の子供がてんかんになってしまったからと言って、親である自分やパートナーの責任だと責める必要はありません。

スポンサーリンク

それに加えて、てんかんは治療していくことが可能な病気です。
完全に放置したりせずに治療を進めれば、大きな問題に発展することはあまりありません。
発作などもある程度抑えることができる病気なので、きちんと病院で対処していけば必要以上に恐れる必要はありません。
遺伝してしまっている可能性を恐れずに、きちんと検査を受けて必要な対策をとれば、日常生活でも支障がないレベルまで発作をコントロールすることもできるようになってきています。
やはり大切なのは、遺伝について気にすることよりもこの症状への対応の方です。
病院の先生ときちんと話し合いながら、発作をなるべく抑えていきましょう。
てんかんが遺伝してしまうリスクよりも、きちんとした対処を取らないリスクの方がどうしても高くなります。

スポンサーリンク