小児 てんかん 治る

小児に起こるてんかんは治るのか

スポンサーリンク

てんかんは脳内の電気信号が何らかの原因で乱れ、体の動きをコントロールできなくなる症状です。
体に出る発作の症状は脳の信号が乱れる箇所によって様々で、けいれんや手足の硬直、意識消失など多岐に渡ります。
種類は原因によって大きく2つに分類され、脳に明らかに病変が認められる症候性と、脳に病変が認められず原因不明の突発性に分かれます。
また、発作の症状から脳の特定の部分が関連する部分発作と、脳全体に過剰な反応が起こる全般発作に分類されます。
全般発作は意識が消失する特徴があります。
発病する年齢は3歳以下の小児に多く、大人になると発病率は下がります。
小児の発作は欠神発作が多く見られます。
何かをしているときに急に意識がなくなり、話が途切れたり動作が止まったりします。
はっきりとけいれんなどの症状が起きるわけではないので、周りの人に気付かれにくいという難点があります。

スポンサーリンク

小児に起きるてんかんは、適切な治療により治るものが多いです。
治療は発作症状を抑える抗てんかん薬を服用します。
薬を服用して3年以上発作が起こらず、脳波にも2年以上異常が見られなければ薬の量を減らしていきます。
副作用がおこくこともあるので、医師と相談しながら適切な治療を受ける必要があります。
また、薬を2年以上服用しても症状の改善が見られない場合は、外科的な手術が行われることもあります。
発症が多い小児欠神てんかんは、成人になるまでに大部分は治ります。
治療で発作が抑えにくいタイプもありますが、新しい薬の発売により効果のある治療ができるようになってきています。
小児てんかんはその症状から、落ち着きがない、集中力がないなどと受け取られがちです。
しかし治療で治る可能性が高く、普通に日常生活を送ることができます。
周囲が正しい知識を身に付け、根気よく向き合っていきましょう。

スポンサーリンク