てんかん うつる 症状

てんかん症状が他人にうつるというのは真実か

スポンサーリンク

てんかんの症状が他人にうつるというような俗説がありますが、これは真実ではありません。
てんかんはウイルス性の病気ではないので、症状が他人にうつるという事はまずありません。
ですので、仮に周囲にてんかんの人がいても、うつる心配はしなくても良いでしょう。
では、てんかん発作はなぜ起きるのでしょうか。
原因としては、脳の形成障害や脳の古傷が挙げられます。
大脳の基本構造は胎児期に形成されていきますが、この過程で何らかの問題があると形成障害が発生します。
また、脳腫瘍などが原因となる事もあります。
これらの要因によって痙攣などの発作が引き起こされます。
菌やウイルスなどが原因で発症するものではないので、基本的に他人に症状がうつるものではないのです。
多くの場合、発作は突然発生します。
必ずしも子供の頃に発作が起きるという事は無く、大人になってから、あるいは老人になってから突然発作が起きるという事もあります。

スポンサーリンク

では、発作が起きる原因は何でしょうか。
多くの場合、睡眠不足や過度のストレスなどが原因となって発症します。
これらの発作が起きた場合、専門の医師の診断を受ける事が必要です。
そして、脳波の検査やMRI検査を受ける事となります。
これらの検査で脳腫瘍が発見される事もあるので、発作が起きたら放置せずに必ず診断してもらう事が重要です。
では、てんかんの治療法とはどういったものでしょうか。
大抵の場合、治療法としては薬物療法を用います。
現代の医学では、ほとんどの症状は、薬剤によってコントロールする事が可能となっています。
薬剤をきちんと服用していれば、症状も治まります。
また、きちんと睡眠をとったりストレスを減らす事も、治療に効果があります。
ストレスや睡眠不足などは生活習慣と非常に関連があります。
忙しい現代社会においては、これらをきちんとセルフコントロールすることは難しいかもしれませんが、これがてんかんの症状を改善していくためには大切になってきます。

スポンサーリンク