てんかん 症状 暴れる

てんかんの症状、暴れる場合

スポンサーリンク

てんかんとは脳に異常な信号が送られて、過剰な発作が起きるなどのことです。
一度だけの発作ではてんかんとは診断されることはあまりなく、しっかりとした検査をすることでようやく診断されることが多いです。
てんかんの前兆でしられるのが、吐き気、めまい、頭痛、また本人によって特徴的な前ぶれがあり、ワンパターンで決まっていることが多いことがあります。
また、発作の種類によって症状はかわってくるものがあります。
発作の種類は単純部分発作、複雑部分発作全般発作があり一つの種類だけが起きるのではなく数種類の発作が併発して起こることがあります、また遺伝性のもの、原因不明のもの、ストレスが原因のもの。
場合によっては薬の治療が必要なものと様々な原因と対処法があります。
対処していくときには、その人の症状の原因と特徴を押さえておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

また、てんかんの症状に「暴れる」というものがありますが「全身性けいれん発作」というものが起こると暴れるような症状に見舞われることがあるようです。
神経の異常な興奮などで本人の意思とは関係なく起こります。
筋肉が硬直し、両手を突っ張った状態になったり、歯を食いしばり呼吸がとまるなどの危険な状態に陥り自分の舌をかむ可能性もあります。
本人は気を失っている状態で暴れているために、目が覚めた後に急激な筋肉痛に襲われたり、無意識にぶつけたところがけがをしてしまうなどのことがおこる可能性があります。
また、舌をかむのを防止するためにタオルを口に詰めるなどの行為は患者さんの器官が詰まる危険性が踏まえて行ってはいけないことになっています。
間違った対処方法により、命にまで危険が及ばないように注意しましょう。

スポンサーリンク