てんかん 仕事 制限

てんかん及びその薬での症状による仕事への制限

スポンサーリンク

てんかん黄重症もしくはこの発作症状を抑制する坑てんかん薬と呼ばれる薬の副作用によって制限されることが望ましい仕事があります。
薬の副作用のふらつきや眠気およびてんかん発作による意識障害を考慮しますと、クレーンの操作並びに大型の土木建設機械の運転や、航空機及びヘリコプターの操縦は先に述べたような症状や副作用によって、高いリスクを負うことになりますのでこのような仕事は制限せざるを得ない事となります。
特に航空機及びヘリコプターの操縦は眠気や意識障害が重大事故へと発展する懸念がありますので制約を設けざるを得ない業務であります。
特に発作時の意識障害発生時に空中におかれている事と、操縦士という専門性の高い業務である事の2つの問題が発生すること置かれるためにそのリスクは計り知れないものとなるのです。

スポンサーリンク

先に述べたようにてんかん発作による意識障害や発作を抑制する内服薬の代表的な副作用の眠気やふらつきを考慮しますと、バスや鉄道の様な大量輸送機関の運転手の様な業務は人命リスクを考慮して制約を設けざるを得ないことになるものです。
また同様にふらつきの症状が顕著な方においては建設現場での高所作業やいわゆる鳶の仕事は墜落事故の恐れがあるため制限せざるを得ません。
同様に製鉄所の様な現場での作業におきましても持ち場によって作業の制限を薦められる事となります。
対人リスクの高い理由での制約が考えられる仕事には、外科医師や原子力発電所作業員の業務が挙げられます。
先に挙げたようにふらつきと意識障害の2つの理由に基づいて業務の可否をリスクと照らし合わせて判断する事となりますので、てんかんが一律に全ての仕事に適さないわけではなく、リスクのない例えば事務職や販売職の様な業務においては制限はすべきものではありません。

スポンサーリンク